一般社団法人 老人ホーム紹介事業協会

お客様相談センター数ナンバーワン

その町を知り尽くしたアドバイザーが推薦する老人ホーム

電話番号 0120-9849-73(クワシクナルサ)

栃木県那須塩原市の介護施設を探す

有料老人ホーム、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、その他介護施設をお探しいただくことができます。

エリア
費用
入居一時金 
月額費用 
入居条件
キーワード検索
施設の種類
受入可能な体の状態
感染面
施設の特徴

更に細かく調べる

検索結果:9件

ケアハウス
入居一時金 月額費用
所在地 栃木県那須塩原市塩野崎新田1番1号 アクセス

要介護者の心身の特性を踏まえて、その有する能力に応じた、自立した日常生活を営むことが出来るよう、入浴、排泄、食事などの介護、その他日常生活のお世話及び機能訓練を行うことにより、利用者の心身の機能の維持並びに利用者の家族の身体的、精神的負担の軽減を図るものとする。

管理者コード:-

グループホーム
入居一時金 月額費用
所在地 栃木県那須塩原市黒磯字白崖647-4 アクセス

事業所の介護職員等が要介護状態又は要支援状態にある高齢者に対し、介護の生活援助(利用者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるを行うことを目的とし、目的達成のため、地域や家庭との結びつきを重視した運営を行います。また、明るく家庭的な雰囲気及び健全な環境の下で生活を確保するため、入居者の人格を尊重し、従業者との信頼関係を基調とする適切な処遇について、不断の努力を行います。

管理者コード:-

グループホーム
入居一時金 月額費用
所在地 栃木県那須塩原市二区町352-180 アクセス

"・ すべての業務は「福祉サービスを必要とする人々のために」を遂行。 ・ 社会の変化に即した法人経営。 ・ 入所、通所、在宅等、利用スタイルにこだわらず全てを地域生活と捉え、地域社会と協働し「うるおいのある」地域福祉の創造を目指す。 "

管理者コード:-

グループホーム
入居一時金 月額費用
所在地 栃木県那須塩原市一区町281-71 アクセス

"・ すべての業務は「福祉サービスを必要とする人々のために」を遂行。 ・ 社会の変化に即した法人経営。 ・ 入所、通所、在宅等、利用スタイルにこだわらず全てを地域生活と捉え、地域社会と協働し「うるおいのある」地域福祉の創造を目指す。 "

管理者コード:-

グループホーム
入居一時金 月額費用
所在地 栃木県那須塩原市東三島1―104―223 アクセス

指定認知症対応型共同生活介護の提供に当たっては、認知症によって自立した生活が困難になった要介護状態の利用者に対して、家庭的な環境と地域住民との交流の下で、心身の特性をふまえ、利用者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことが出来るよう、食事・入浴・排泄等の介護その他日常生活上の世話及び機能訓練等必要な援助を行う。

管理者コード:-

栃木県
那須塩原市
くろいそケアセンターそよ風

グループホーム
入居一時金 月額費用
所在地 栃木県那須塩原市豊浦南町83-120 アクセス

事業所の従業者等は、要介護者等の心身の特性を踏まえて、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、機能訓練及び必要な日常生活の世話を行なうことにより入居者の社会的孤立感の解消及び心身機能が維持できるように努めるものとする。事業の実施にあたっては、入居者の意思及び人格を尊重して常に入居者の立場にたったサービスの提供に努める。また、関係市町村、地域の保健・医療・福祉サービス並びに居宅サービス事業者との綿密な連携を図り総合的なサービスの提供に努める。

管理者コード:-

栃木県
那須塩原市
グループホーム生きいきの里

グループホーム
入居一時金 月額費用
所在地 栃木県那須塩原市塩原814番地 アクセス

利用者が自分らしさを大切にして、地域の中で家庭的な雰囲気のもと、居心地のよい共同生活が送れるよう、ご家族とともにお手伝いさせていただきます。

管理者コード:-

栃木県
那須塩原市
グループホーム安暮里

グループホーム
入居一時金 月額費用
所在地 栃木県那須塩原市鍋掛1416番3号 アクセス

認知症の状態にある者について、家庭的な環境の下で、食事・入浴・排泄等の援助及び日常生活の中で、心身の機能訓練を行うことにより、利用者がその有する能力に応じ可能な限り自立し、安心と尊厳の生活を営むことができるよう支援する。又、サービスの提供にあたっては、適切な介護技術をもって常に提供したサービスの質の管理を行う。

管理者コード:-

栃木県
那須塩原市
グループホーム 和

グループホーム
入居一時金 月額費用
所在地 栃木県那須塩原市大原間72-1グループホーム アクセス

利用者が認知症の進行を緩和し、利用者の心身の状況を踏まえ、趣味または嗜好に応じた活動を支援し、利用者がそれぞれの役割を持って家庭的な環境下で安心した日常生活が送れるよう援助する。 また、家庭での生活が困難になった利用者に対して、家庭的な共同生活の場を提供し利用者個人の尊厳と生活の質を保ちながら、穏やかな老後を送ることができる。利用者の家族の身体的負担の軽減をも目指します。昔ながらの生活を大切にし、当グループホームに来所されるすべての方が和むことのできる空間を目指します。

管理者コード:-

前のページ

次のページ